MVNOの格安スマホ情報|使い方次第でコストダウン

インターネットの通信

スマートフォン

スマートフォンを利用する人が増えて、動画サイトなどのインターネットサービスが充実するようになりましたが、この反面これらを利用することによりモバイルデータ通信の制限がかかる人も増えています。外出先でもサービスを使えるよう、モバイルwifiを各社比較して自分に合うものを利用して節約することも大切です。

More Detail

お得にスマホを活用する

電話

節約が可能

携帯料金を払い過ぎているように疑問を感じた場合、MVNOへの乗り換えを検討してみましょう。最近では様々な会社がスマホ事業に乗り出してMVNOの契約先が増えてきました。料金的にも1000円未満の支払いだけで済むデータ通信用のSIM契約などもあり、とても安い特徴があります。携帯代を安く抑えて節約をしたい人や、子供や年配の方に持たせる携帯電話としても安い料金でスマホが持てるメリットが充分にあり、もしも契約をしてみて自分に合わないと感じても殆どのMVNO先では解約に関する手数料が発生しないので新たに契約会社を移れます。会社によっては契約後1年を過ぎなければ違約金が発生しますので、その部分にさえ気を付ければ安心です。

通信専用に契約する

今使っている携帯をもっとお得に使用する工夫としてオススメなのが、通話のみの契約に切り替えてデータ通信にはMVNOで契約をするという方法です。通話し放題が増え始めたMVNOですが、それでも昔ながらの大手契約会社を利用しているスマホユーザーは多く、同じキャリア同士での無料通話などができないのが現状です。通話だけを今持っている携帯に残し、データ通信のSIMカードを契約することで二台持ちにはなりますが、無料通話を維持したまま電話とネットと分けて使用できるため使い勝手も良くて便利です。全てMVNOへ切り替えるのにはまだ不安がある場合にもオススメな契約方法で、自分にMVNO先が合っていると思えば移れば良いだけですし、気楽に申し込みましょう。

ネット環境が重要

スマホ

利用ロケーションによらずインターネットへの接続経路をwifiルーター経由に一本化すると、トータルの通信コストの低減が期待できます。しかし同時に、複数契約時と比較してwifiルーターでの通信データ量が大きくなるため注意が必要です。解決策として、通信量上限を設けていない会社を選択する方法が有効です。

More Detail

すぐに使える

白いスマホ

レンタル携帯は空港で借りることができて、返却することができるので海外在住の人が一時帰国をするときに重宝をします。しかし、料金プランは会社によって大きく異なるために、自分のとってメリットの大きい方法を選択するのが大切です。

More Detail